【体験談】ダイエットのためにDHCの遺伝子検査キットを使った

これまで多くのダイエット方法を試してきた、万年ダイエッターの私。

常にダイエットの情報を収集しているのですが、インターネットの普及も相まって情報過多になっており、どのダイエット方法が自分の体に合っているのかが分からないのが悩みでした。

ダイエットの基本は食事制限と運動ですが、脂質制限・糖質制限・グルテンフリー、有酸素運動・筋トレ…etcと挙げたらきりがないほど様々な選択肢があります。

大体のダイエット方法には手を付けてきたのですが、すぐに効果が出ないとその方法が自分に合っているのか分からなくなり、挫折してしまうことが多いのですよね。

そこで、ネットで検索して見つけたのが遺伝子検査でした。

確かに、遺伝子ほど確実な情報はありません。通販サイトで探すと複数の会社から検査キットが販売されていましたが、一番身近なDHCさんの「遺伝子検査ダイエット対策キット」に決定。

お値段は税込み5500円と決して安くはありませんが、遺伝子情報は一生ものですので妥当でしょう。

こちらのキットは日本人の肥満に関わっている3種類の肥満関連遺伝子を調べることで、自分に合うダイエット方法を知ることができるというものです。

検査結果によって、4つの遺伝子型ダイエットタイプ「りんご型」・「洋なし型」・「バナナ型」・「アダム・イヴ型」に分類されます。

検査方法は、注文して送られてくるキットに入っている採取棒(長い綿棒のようなもの)でほおの内側をこすり粘膜を採取し、同意書とともにそれをDHCに返送するだけ。

本当にこんなもので遺伝子が分かるの…?と少し不安でしたが、約二週間後に結果が届きました。

結果はサイトで見ることもできますが、送られてくる紙のレポートの方が詳しく書いてあります。

私の結果は、「洋なし型」でした。洋なし型の特徴としては、脂質の代謝が苦手で、脂質を燃焼させる効率が悪く、脂質で太りやすいタイプとのこと。

ただ、食事の好みとしては肉や揚げ物、クリームが大好きと書いてありました。確かに、私は油っぽいものや甘い物が好きなのに、食べた後は大体胃もたれするのですよね。

年齢の問題もあるかと思いますが、子供のころから油っぽいものは沢山食べられない体質だったので、遺伝子のせいなのか、と驚きました。

ダイエット方法としては、脂質の取りすぎに注意して、有酸素運動と並行して下半身を引き締めるのが良いそうです。

下半身の筋トレ方法も何種類か紹介されていたので、さっそく試してみるつもりです。

私に合うサプリも書いてあったので、それも取り入れてみたいと思います。

今回遺伝子検査を受けてみて、ようやく自分に合うダイエット方法が見つけられて本当によかったです。

私のように悩んでいる方がいましたら、ぜひ遺伝子検査を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事